らむねむら

日々の暮らしの中で気づいたことや感じたことを、自由に、気ままに綴っていきます。

[やってみました]手作りお味噌(その2)

次に、茹で上がった大豆を潰します。実家で作ったときは、ミンチ用の機械をどこからか借りてきていたので、ひき肉を作るような感じで大豆を潰していました。今回はビニール袋に入れて、少しずつ手で潰していくことにしました。もともと大雑把な性格なので、最初から綺麗に潰す気はさらさらなし。全体的に豆の形が残らない程度に潰していきました。まあ、なかなか大変な作業です。

大体潰れたところで、別のお鍋で塩切り麹を作ります。キットに入っていた食塩500グラムと米麹1キロをよく混ぜるだけです。これも大体均等に混ざったかなという程度で終了。

f:id:Limonade:20210322145759j:plain
f:id:Limonade:20210322145756j:plain
ビニール袋で潰した大豆(左)と塩切り麹(右)

次に、潰した大豆と塩切り麹を混ぜます。大きな容器があればよいのでしょうが(実家ではタライを使ったような。。)、わざわざこのために買う必要もないと思い、少しずつ混ぜていきました。これがかなりの重労働で、個人的には一番大変な作業と感じました。水分があまりないので、混ぜるのに結構な力がいります。説明書によると、煮た大豆の重量が2.2キロ以上の場合は煮汁を追加しないとのこと。今回は超えていたため、煮汁は追加せずに、ひたすら混ぜました(@_@)

よく混ざったところで、お団子状にしてタッパに詰めていきます。思ったよりも、出来上がりは少な目でした(^_^;)

f:id:Limonade:20210322145803j:plain
f:id:Limonade:20210322145806j:plain
塩切り麴と混ぜてパックに詰めました

表面に空気が入らないように気をつけながらラップを掛け、重石として塩を上に載せました。カビ防止に重石は重要とのことです。

約半年後、無事に完成しているといいな~(^^♪ 上手くできたら、来年も挑戦してみようと思います。確実に無添加で安心ですからね(*^-^*)

 

ちなみに、仕込みが完了したのは3月13日でしたが、なかなか時間が取れず、記事を書き終わるまでに1カ月かかってしまいました(^_^;)

[やってみました]手作りお味噌(その1)

コープの手作り味噌キットを購入してから、いつものようにしばらく放置していたのですが(^_^;)、ようやく重い腰を上げて初のお味噌作りに挑戦しました。お味噌は寒仕込みが基本(?)のようで、気温が低い間に仕込みをして、ゆっくり発酵させるのが美味しいお味噌を作るコツのようですが、既に春の陽気が感じられる時期になってしまいました。初めてのチャレンジなので、完成するだけで良しとしましょう(*^-^*)

 

f:id:Limonade:20210322145809j:plain

コープで購入した手作り味噌キット

実家の母が作っていたのを何回か手伝ったことがあるので、なんとなく手順は知っていましたが、大豆を煮るところから自分でやるのは今回が初めて。購入したコープの手作り味噌キットに説明書がついていたので、それに沿ってやってみました。

f:id:Limonade:20210322145812j:plain

手づくり味噌の作り方

まずは、大豆を洗い、一晩水につけます。家にあった一番大きなお鍋がパスタを茹でる用のものだったのですが、大きすぎてほとんど使っていなかったため処分するところでしたが、活躍の場ができて良かったです(*^-^*) 今回は大豆1キロでしたが、ふやかすと結構な量になります。洗った大豆をお鍋に入れて、水を注ぐだけなので、ここまでは簡単👍

f:id:Limonade:20210322145815j:plain
f:id:Limonade:20210322145819j:plain
ふやかす前(左)と一晩ふやかした後(右)

次に、大豆を弱火で煮ます。茹で始めは少し隙間を開けて蓋をしていたのですが、結構な量のアクが出てびっくり(゚д゚) なにしろ大豆を茹でるのも初めてでしたので正解がわかりませんが、とりあえず説明書通りに進むのみ。最初の30分ほどは、せっせとアク取りに励みました。お豆が常にお湯をかぶるようにと書かれているので、こまめにお鍋の状態を確認し、結構な量の足し水をしました。足し水だけで合計2リットル位でしょうか。途中からはずっと蓋はしないで茹で続けました。

 

f:id:Limonade:20210322145822j:plain
f:id:Limonade:20210322145829j:plain
茹で始めは大量のアクが出ました

説明書には弱火で4時間ほど煮ると書いてありますが、途中、お豆の固さを確認しながら、ひたすら煮続け、良さげな固さになるまでに、やはり4時間ほどかかりました。ちょうど外出する用事があったので、ザルにあげてしばらく放置(パスタ鍋にセットでついていたザルがちょうど役に立ちました)。煮汁は種水として使う可能性があるとのことで、別のお鍋にとっておきました。用事を終えて家に戻った頃にはお豆さんはすっかり冷めていました。温かい方が潰しやすいとのことですが、まあ仕方なしです。

f:id:Limonade:20210322145753j:plain
f:id:Limonade:20210322145827j:plain
茹で上がった大豆(左)と煮汁)(右)

(その2に続く)

 

3月9日(サンキューの日)

今日は3月9日、サンキューの日ということで、「感謝の思いを忘れないようにしよう」といったメッセージをいくつか目にしました。「ないもの」を数えて不平不満を言うのではなく、「あるもの」に注目していくと、自分がたくさんのものに支えられていることに気付き、自然と感謝の気持ちが沸き上がってくると。日々、当たり前のように思っていることが実は当たり前ではないことは、一つ一つフォーカスしないとなかなか気付けないですが、失ってから気付くのではなく、丁寧に意識することで気付いていけるといいなと思います。

今でこそ、色々なものに感謝の気持ちを持つようになりましたが、若いころは要求してばかりで、感謝の気持ちは薄かったな~と反省(。-人-。)  両親に対して感謝の思いを持つようになってから、少しずつ、周りに対しても感謝の気持ちを抱くようになってきました。自分にとって、一見ネガティブに思えることにも、何らかの気付きを与えてくれたのだと感謝できるようになりたいですね。まだまだその域に達するには修業が必要です(^_^;)

今日はお天気も良かったので、お昼に福拾いに出掛けてきました。相変わらず住宅街はタバコの吸い殻以外はほとんど拾うものがありません。日々、自宅回りを綺麗にお掃除されている住民の皆様に感謝です。今回の目玉スポットはコンビニの裏手でした。生垣の中に結構な量の福が散乱していました。コンビニの周辺は意外と乱れていることが多いです。その場でちゃちゃっと食事したりする人が多いのでしょうね。今日のびっくり賞は一口かじっただけのサンドイッチ。美味しくなかったのか、急いでいたのか。。。

f:id:Limonade:20210309213419j:plain
f:id:Limonade:20210309213416j:plain
本日の戦利品と先日いただいたブルートング

コンビニ裏の生垣の奥の方に入り込んで拾っていたところ、うん〇さんを踏んでしまったようでした。ま、うん〇の夢をみると金運が上がるという話もありますので、朗報を楽しみに待ちたいと思います(*^-^*)

 

安定の酢重-「信州豆と葉野菜のサラダ」

前の職場に勤務していたときは、手作りのお弁当を持っていくことがほとんどでした。職場近くのお店はランチでもそこそこお値段がしましたし、全体的にボリュームもあるところが多かったので、ダンナさんのお弁当を作るついでに自分の分も作って持参していました。正直なところ、それほど行きたいお店がなかったというのも理由の一つです。

それでも、時々はお店でランチをしていました。行くお店は大体決まっていましたが、そのうちの一つが新丸ビルの中にある「酢重ダイニング」でした。お肉かお魚の日替わりランチは限定〇〇食と決まっていて、12時前にはほぼ完売となるため、日替わりを目指すときには11時半前にお店に到着。それでも、既に数名が並んでいるのが普通でした。

日替わりランチは確か1,200円(税別)で、他のメニューと比べるとお値段的にかなりお得なのでとても人気がありました。どのお料理も結構なボリュームで、味も申し分なかったです。ごはんは白米と玄米から選べて、ごはんとお味噌汁はお替わりもできます。

大人気の日替わりランチも良かったのですが、私が定期的にいただいていたのは「信州豆と葉野菜のサラダ」(税別1,200円)です。「これでもか!」という量の生野菜が食べられます(笑) カブを生で食べたのは、こちらが初めてかもしれません。信州豆やモロッコインゲンもホントに美味しくて、ドレッシングも美味。大好きなパルメザンチーズのスライスがたっぷりと乗っているのも最高です!いつもドレッシングの追加をお願いして、たっぷりと掛けながらいただいていました。こちらは数量限定ではないので、遅い時間に行っても大丈夫です。

先日、約1年ぶりに酢重の「信州豆と葉野菜のサラダ」ランチをいただいてきました。コロナの影響なのか、以前ほどの混雑はなかったものの、近辺のお店と比べるとお客さんが入っていて、やはり安定の酢重といった感がありました。

f:id:Limonade:20210306092524j:plain
f:id:Limonade:20210306092521j:plain
「信州豆と葉野菜のサラダ」ランチ(とろろをチョイス)

もともと食べるのが遅いため、このサラダを食べきるだけで15分くらいかかり、ご飯とお味噌汁に到達する頃にはすっかり冷めきっているのですが、猫舌なのでちょうど良い加減。最近は、自宅にある物で軽めのランチにすることが多かったので、久しぶりにちゃんとしたランチをいただけて大満足でした。なかなか行けそうにないですが、これからも安定の酢重として頑張ってもらいたいです(*^-^*)

Blue Shipからブルートングをいただきました!

先日、FBのグループでBlue Shipという環境イベントポータルサイトが紹介されているのを見掛けました。「ゴミ拾いや環境活動をやっている人とやりたい人を繋げるサイト」とのことです。そちらのサイトに登録すると、オリジナルブルートングがいただけるとのこと。調べてみると、団体だけでなく、個人でも登録できるとのことでしたので、早速登録してみました。こちら↓のサイトです。

 

blueshipjapan.com

 

数日後、トングが10本届きました。有り難いです(*^-^*) スタイリッシュで色もステキ。今後、一緒に活動できる人が見つかったら、お譲りしようと思います。

f:id:Limonade:20210306092512j:plain
f:id:Limonade:20210306092515j:plain
Blue Shipから届いたブルートング

早速、青いトングを持って、福拾いに出掛けました。しっかりとしたトングで、やはり百均のものとは違いますね。思っていたよりも重さがあるので(この点は百均の方が軽くて良いかも)、良い筋トレになります。相変わらず、タバコの吸い殻が多いので、しっかりと掴まなければならず、腕が鍛えられますね。左手でも拾えるようにしないと、右腕だけがマッチョになりそうです(^_^;)

微力ながら、これからも地道に福拾い活動を続けていこうと思います(*^-^*)    Blue Shipさん、ありがとうございます!

 

「駆け込み乗車」で意識の世界を実感

先日、年に一度の健康診断を受けてきました。転職前に毎年健康診断を受けていた医療機関が転職先の指定医療機関にも含まれていたので、せっかくなら数値の比較がしやすい方が良いかなと思い、久しぶりに以前の勤務先近くの医療機関まで出掛けてきました。

相変わらず在宅勤務が続いているので、通勤時間帯に電車に乗るのは久しぶりでしたが、思っていたよりも電車が空いていて驚きました。この時間帯で普通に座れるなんて、以前は考えられなかったですからね。

目的地までは15分程度なので、座ってぼ~っとしていたところ、駅を出る際に一旦閉まったドアがすぐに開き、しばらくしてから「駆け込み乗車はおやめください」というアナウンスが入りました。そこでふと、「そういえば、会社に毎日通勤していた頃は、駆け込み乗車でドアがなかなか閉まらず、発車が遅れるたびにイライラしていたな~」と懐かしく思い出しました。当時は、どうやったら駆け込み乗車をなくせるか色々と考えてみたりしていましたが、まさかこんな解決策があったとは(^_^;) 約1年ほど通勤しない生活が続き、「駆け込み乗車」という概念自体をすっかり忘れていました。「自分の意識が向いていないものは存在しない」というのを実感した瞬間でした。電車通勤をしない人は駆け込み乗車でイライラすることもないし、もっと言えば、世界には電車というものに乗ったことがなく、「駆け込み乗車って何?」という人もいるんだろうな~と思ったのでした。

そういえば、毎日「整列乗車にご協力」してましたし、ルールを守らない人にイラっとしたり、小競り合いを見掛けたりも日常茶飯事でしたね。会社でも、そういう時にどう対処するかが話題になったりしていました。懐かしい。。

今までは当たり前だと思っていたけど、今となっては当たり前ではないことって、たくさんあるんでしょうね。ネガティブな変化に目が行きがちではあるけれど、ポジティブな変化も自分が気が付いていないものも含めて、きっとたくさんあるんだろうな~(*^-^*)

好きなことを仕事にする

風の時代に入り、努力や根性で頑張って仕事をする時代から、個性を生かして好きなことを仕事にする時代に変わっていくという話を耳にします。寝食を忘れて没頭できる何かがある人、特に独自のマニアックな世界を持っている人にとっては、生きやすい時代になっていくのかもしれません。そこで大切なのは、今の価値基準でお金になるかとか、人に受け入れられるかなどは考える必要がない、むしろ考えてはダメとのこと。方法論など、人間のアタマで思いつくものはたかが知れていて、宇宙の持つ無限の可能性を利用できれば、人間の想像を遥かに超える現実が創造されるようです。好きなことをウキウキと夢中になってやり、あとは宇宙を信じておまかせすれば良い方向に導かれていくと。

今までは、好きなことも仕事にすると辛くなるとか、嫌いになってしまうとか、それでは生活していけないなどと言われていましたが、好きなことを楽しく自由にやっていて、経済的にも豊かに生活できるのであれば、とっても魅力的な世界ですよね!(^^)!

「では、自分の好きなことってなんだろう」と考えてみるのですが、恐らく旧来の価値観、すなわち、生活できるスキルでなければという考えがなかなかアタマから抜けず、これというものがなかなか思いつきません。子供の頃から、白い紙を渡されて好きなモノを自由に描いていいと言われると、何を描いたら良いかわからずに戸惑ってしまい(絵心が全くないのはここでは関係ないとしましょう(^_^;))、かえってテーマを与えてもらった方が気が楽でした。もしかすると、物心つく前は自由に描けていたのかもしれません。であれば、大きくなるにつれて、色々と余計な観念を身に付けてしまったということなのでしょうかね。

時間を忘れて没頭できることで思い付くものと言うと、ジグソーパズルかな~。学生時代は、睡眠時間を削って没頭していました。当時は、「年金生活になったら毎日ジグソーパズルをやって、家中を完成したパズルで飾りたい」なんて思っていました。先日、母親にその話をしたら、今まで一度もやったことないし、楽しさが全くわからないとのことでした。実際、そういう人の方が多いのかもしれませんね。私としては、パズルのピースがうまく嵌ったときの喜びと、完成できたときの達成感が好きなのですが、そういう意味ではマニアックなのかもしれませんから、もしかすると仕事になったりするのでしょうか?

試しにYouTubeを検索してみたら、ジグソーパズルをしている動画ありましたね。一体どんな人が見てるんでしょうね。。(*^-^*)